そばかす治療を大阪で受ければ綺麗な肌に

subpage01

色白の肌にそばかすがたくさん出来ていると、目立って仕方がないので、毎日のようにファンデーションを厚く塗り、隠している方は少なくありません。
あまり塗り過ぎると、不自然に厚いメイクになってしまうので、ファンデーションでわからなくするのではなく、そばかす治療を大阪の美容外科で受けることをおすすめします。



そばかす治療を大阪の美容外科で受ける際、よく行われているのはレーザー治療になります。Qスイッチレーザーを照射すれば、表皮に傷をつけることなく、メラニン色素のみに影響して、そばかすを薄くすることが出来るので、人によってはわずか1回の施術で効果があらわれることもあります。

そばかす以外の皮膚にはダメージを与えない、安全に受けられる治療なので、肌を綺麗にしたい人は試してみるとよいでしょう。

そばかす治療を大阪の美容外科で受けると、なくしたいそばかすをピンポイントでなくせますが、痛みはあるので注意が必要です。

Qスイッチレーザーを浴びると、ゴムで強くはじかれたような痛みを感じますが、これは麻酔を使えば抑えることが出来ます。



施術後にそばかすが再発したようになる、炎症後色素沈着が起こることもあるので、2週間程度はガーゼやテープなどの被覆材を貼って、皮膚を保護しなければなりません。



広範囲に及ぶ、薄い色のそばかすには光治療が効果があるので、どのそばかす治療が自分に適しているかは、大阪の美容外科の担当医に判断してもらうようにしましょう。